【チャリティーWebセミナー】2020年7月26日(日) 9:30~17:40 歯科界一受けたい授業!?大学では教えてくれない臨床の最先端 岡山大学編

受講料:1口 3,000円(税込)~(10口まで)
対象:歯学部学生、歯科従事者
定員:Web 480名

歯学生及び卒後3年目以内の先生は無料

コロナウイルスの影響で歯学部学生の学びの場が減少しています。
暗い話題が続きますが、学生や若手先生には夢を持ってもらいたい。
岡山大学歯学部卒業生を代表する開業医4名と特別ゲストに岡崎好秀先生を迎え、各専門分野の最先端の臨床を講義。

本セミナーの収益は、全額を岡山大学歯学部に寄付させていただきます。
今後同様の方法で在学生を支援したい先生は、Ciメディカルまでご連絡ください。

特別ゲスト講師:岡崎好秀先生(元岡山大学歯学部小児歯科学講座講師)
講師陣: 飯田吉郎先生、高田光彦先生、筒井佑先生、白﨑俊先生

岡山大学チャリティーセミナー日程
9:25〜9:30 開会の挨拶
9:30〜11:00 高田光彦先生
11:10〜12:10 白崎 俊先生 
12:00〜13:00 休憩兼Ci広告
13:00〜14:30 飯田 吉郎先生
14:40〜15:40 筒井佑先生
15:50〜17:20 岡崎好秀先生
17:20〜17:40  質疑応答および座談会

9:30〜11:00 高田 光彦先生
演題:THE partnership

抄録:
2005年に歯科医院を開業した当時から少人数の患者を対象とした治療を心がけてきた。
2008年にマイクロスコープを導入したことで一層その傾向が強くなり、2016年には歯科衛生士専用のマイクロスコープを導入するに至った。
当院は数ベースで50%が自由診療の患者であったが、歯科医師・歯科衛生士ともにマイクロスコープを使った治療、メインテナンスを主な業務とするようになったことで保険診療に対して時間を割くことが物理的に困難になり、2018年の8月から基本的な診療を自由診療のみとすることになった。
それにより、患者の総数は減ったものの歯科医師・歯科衛生士・歯科助手の心理的・肉体的負担はかなり軽減された。
また、1人の患者に時間を割いてゆっくり治療計画の立案と実行を行うことができるようになった。
今回、当院の歯科衛生士とともに治療、患者管理にあたったケースを元に、衛生士との連携の重要性、患者とゆっくり向き合うことのできる診療体制などについて皆様との意見交換などもできれば幸いです。

高田 光彦先生

2003年:岡山大学歯学部卒業
2005年:高田歯科開院
日本顕微鏡歯科学会 指導医
日本臨床歯周病学会 関西支部理事
日本口腔インプラント学会 代議員
大阪口腔インプラント研究会 理事
歯科臨床研鑽会 主宰

髙橋 規子先生

2002年 兵庫県歯科医師会付属 兵庫歯科衛生士学院 卒業
2002年 歯科医療機器販売 ササキ株式会社 神戸支店入社
2010年 フリーランス歯科衛生士
2014年 高田歯科 勤務
日本顕微鏡歯科学会 認定歯科衛生士
日本歯周病学会 認定歯科衛生士
歯科臨床研鑽会 理事



11:10〜12:10 白崎 俊先生
演題:digitalは今なのかまだなのか?~IOS6機種比較してみえてきたもの~

抄録:
近年口腔内スキャナーの進歩は目を見張るものがあります。
しかし、「光学印象の精度ってどうなの?」「何を買ったらいいの?」「それでできた補綴の適合って悪いんでしょ?」「もう買ってもいいの?」などの質問をよく聞きます。
それらの質問に実際の臨床写真を交えて答えていきたいと思います。
今回は6社の口腔内スキャナーを用いて印象のとりやすさ、被験者の感想、そして補綴物の正確性もお伝えしていきます。
口腔内スキャナーを導入したけど、うまく使えていない、導入したいけどどのように運用したらいいかわからなく困っている先生にも臨床のコツをお伝えしていきます。
そして、なによりも今後開業する先生方は間違いなく「digital」は必需品になります。
学生も含めて、大学ではまだまだちゃんと教えてくれない「digital dentistry」の基礎をわかりやすく説明していきます

白崎 俊先生

2012年 岡山大学歯学部卒業
2018年 なないろ歯科・こども矯正歯科クリニック開業



12:00〜13:00 Ciメディカルからのご案内



13:00〜14:30 飯田 吉郎先生
演題:インプラト審美補綴最前線〜天然歯への挑戦〜

抄録:
前歯部におけるインプラント補綴には、機能性だけでなく高い審美性が要求される。
これまで、この分野では抜歯後に生じる頬側組織や歯間乳頭のボリュームの減少を、如何にして防ぐか?
あるいは如何にして補うか?という部分に挑戦し様々な手法が報告されてきた。
そして近年は、新しい生物学的な取り組みや、デジタルテクノロジーの進歩により、天然歯と見紛う審美的な結果を導き出すことも可能となってきた。
今回のWebinerでは、若き歯科医師あるいは歯科医師を目指す歯学部生に、インプラント審美補綴の現在の到達点を供覧いただき、歯科治療の大いなる可能性に興味を持っていただけたら幸いです。

飯田 吉郎先生

1992年 岡山大学歯学部卒
1996年 ナディアパークデンタルクリニック開業
2015年 EAO Certificate in Implant-based Therapy取得
栄三丁目リサーチグループ(SSRG)主宰
Greater Nagoya Dental Meeting (GNDM)主宰



14:40〜15:40 筒井 佑先生
演題:コンセプトを持った治療の実践~私の歩んできた道~

抄録:
歯科医師となって8年目。技術習得のラーニングステージにおいて、基本を徹底することの重要性を学ぶとともに、治療オプションを増やし、臨床の幅を広げることにより、多くの患者が恩恵を受けることを実感してきました。
その反面、有効な治療オプションであっても、その使い方を誤ると逆効果になる恐れがあります。
治療オプションを増やすとともに、どのように応用すれば良好な結果が得られるかを的確に判断する治療の確固たるコンセプトの確立が求められます。
今回は、私がどのようなコンセプトを持ち、治療に臨んでいるのか、そこに至るまでにどのような道を歩んできたのかについて、みなさまにより近い立場としてお伝えしていきたいと思います。

筒井 佑先生

2012年 岡山大学歯学部卒業
2013年 岡山大学病院卒後臨床研修センターにて研修終了後、医療法人貴和会新大阪歯科診療所入職
現在、JIADSペリオコース、補綴コース講師、日本臨床歯周病学会会員
日本補綴歯科学会会員、JIADS Study Club Osakaメンバー



15:50〜17:20 岡崎 好秀先生
演題:歯科の世界はこんなに面白い「小児歯科診療から口腔機能,そして食育まで」

抄録:
「現代社会における成功」って, 何だと思います・・?私は,「楽しく・有意義に仕事をしながら食べていける」ことだと思います。
“歯科医療従事者,楽しく・有意義に・そして人のためになることをしながら,食べていける数少ない仕事”の一つであるように思います。
他の職種を見てください。楽しそうに仕事をしている方は,どれほどいるでしょう? 
だから私達は,この仕事に感謝しなくてはならないと思うのです。
でも毎日,診療室で小さな歯ばかり見ていると,自分の仕事の持つ意味が見えなくなります。
そこで本日は,小児歯科診療・口腔機能・そして食育にまつわる深いイイ話,元気になる話,そして明日から役立つ話をしたいと思います。

岡崎 好秀先生

国立モンゴル医学科学大学 客員教授
(元岡山大学病院 小児歯科講師)
(http://leo.or.jp/Dr.okazaki)

お問い合わせ

平日:Ciメ本社営業部 TEL:076-205-5888
土日:Ciメディカル 東京SR TEL:03-3294-8788
Ciメディカル 新大阪SR TEL:06-6829-6718


セミナー参加費:1口 3,000円(税込)~(10口まで)


 
*歯学生及び卒後3年目以内を選択された先生は無料になります。
(価格は表示されていますが、支払い画面に移行しません)

今興味のある商品は?※複数選択可
CTマイクロスコープIOSCAD/CAM3Dプリンター自動精算機歯科用チェアユニット歯科医院建築プランその他


クレジットカード決済画面に移動します。
*支払いの取消し及び返金の場合は、3.6%の手数料がかかります。(例:1,000円で決済した場合の返金=964円)