バイオフィルム可視化による最新う蝕診断

有料 2019年04月21日 14:00 - 16:30 @ 中央大学 駿河台記念館670号室

バイオフィルム可視化による最新う蝕診断

バイオフィルム可視化による最新う蝕診断

オールセラミックス&CR充填の内面・辺縁の
最新診断法「QLF技術」とは?

来場特典あり
定員:30名

QLFとは初期う蝕とバイオフィルムを視覚化する技術です。
人体に無害な可視光線を照射することにより、歯およびバイオフィルムから励起される蛍光を測定することで、う蝕やバイオフィルム感染部位を簡単に診断できるようになります。X-rayでも検出しにくい病巣も、QLF技術で的確に診断することが可能です。
e-maxなどのオールセラミックス やメタルインレーをセットした状態で内面または辺縁の二次う蝕を確認できる驚くべき技術であり、破折も同時に検出できます。

本セミナーでは、開発者を講師陣に迎え、臨床事例(補綴、歯牙破折、隣接面う蝕、初期う蝕、矯正治療バイオフィルム管理、保存治療)の症例画像をもとに、この最新技術を皆様にご案内させて頂きます。

  1. QLFを応用した臨床症例報告
  2. 実機でのデモンストレーションと操作解説
  3. QLFの今後の展開と質疑応答

ユーン・ホンチョル先生講師:ユーン・ホンチョル 先生
AIOBIO株式会社CEO 歯科医師
カンナムベストデン歯科クリニック院長
韓国延世大学校補綴学博士
韓国診断検査歯学会副会長


キム・ベクイル先生講師:キム・ベクイル 先生
韓国延世大学校教授 歯科医師
東京歯科大学口腔衛生学講座客員研究員
予防歯科口腔保健学講座主任
韓国延世大学校歯学部副学長


エルバート・デ・ヨング博士講師:エルバート・デ・ヨング 博士
韓国延世大学校客員教授
オランダ国立フローニンゲン大学大学院修了
物理・数学博士号取得
英国リバプール大学歯学部名誉研究員
韓国AIOBIO社研究開発顧問


講師:稲葉 大輔 先生
岩手医科大学准教授 歯科医師
オランダ国立フローニンゲン大学招聘研究員
日本口臭学会理事
ヨーロッパ齲蝕学会ORCA上級会員


こちらのセミナーは有料となっております。
(受講料:3,000円(税込)/1医院3名まで)
※後日、支払方法などのご連絡時に併せて参加人数をお伺いさせて頂きます。

パノラマからCTへ!!CT活用法」と同時受講時は無料
※同日の2つのセミナーを受講した場合でも受講料は1セミナー分(3,000円)となります。


e-maxのセメントが喪失し、そこにバイオフィルムが浸透。
Xray や肉眼で発見できない症状が、QLFを使用し診断可能。
補綴物除去後、バイオフィルムを除去して再装着することで、2次う蝕の進行を予防した症例。

 

Xrayと肉眼では発見できない破折をQLFで検出。
破折ラインにバイオフィルムの浸透がみられた。

 

矯正中のリスク部位の確認

 

患者の口腔衛生管理状態が悪化した事例


 

開催日時

2019年04月21日 14:00 - 16:30

会場

中央大学 駿河台記念館670号室
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目11−5

お申し込み

こちらのセミナーは参加受付を終了いたしました。

お問い合わせ

Ciメディカル東京ショールーム TEL: 03-3294-8788

このセミナーの開催日時・会場一覧

    開催予定のセミナーはありません